この症状って全身性強皮症?

症状から考えられること
説明

指先が急に白くなったり、指輪が入らなくなったり、そんな症状のある方は「全身性強皮症」の可能性があります。

全身性強皮症は、皮膚や臓器がだんだん硬くなっていく病気で、膠原病のひとつです。膠原病は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスといったいくつかの病気の総称で、発熱や疲労感などの共通した症状があります。そのため、全身性強皮症の初期には、「膠原病に共通した症状」と「全身性強皮症に特徴的な症状」がみられます。

膠原病の初期にあらわれやすい症状

膠原病の初期には、微熱が続いたり、疲れやすくなったり、指先が急に白くなるなどの症状がみられます。このような症状がみられるときは、膠原病の可能性が考えられます。

Section2 Page1 Diagram1

発熱

原因のわからない微熱が続く。発熱と解熱をくり返す。

Section2 Page1 Diagram2

疲労感

疲れやすい。からだが だるい。

Section2 Page1 Diagram3

レイノー現象

指先が一時的に白くなる。白から紫、赤に 変化する。

Section2 Page1 Diagram4

体重減少

急にやせはじめる。
理由がないのに食欲がない。

Section2 Page1 Diagram5

関節痛

関節が腫れる。ふしぶしが痛む。これらが左右同時にあらわれる。

Section2 Page1 Diagram6

リンパ節の腫れ

あごの下、くび、わき の下、内ももなどのリンパ節が腫れる。

Section2 Page1 Diagram7

筋力低下

力が入らなくなる。椅子から立ち上がりづらくなる。

Section2 Page1 Diagram8

発疹・皮疹

顔やまぶた、手、足、からだの皮膚に、かゆみのない赤い斑点があらわれる。

全身性強皮症の初期にあらわれやすい特徴的な症状

全身性強皮症では、膠原病に共通した症状に加えて、手指のむくみやこわばり、爪のつけ根(あまかわ)の内出血、胸やけなどの特徴的な症状があらわれます。

Section2 Page1 Diagram9

手指のむくみやこわばり

手指がむくむ。こわばる。指輪が抜けにくくなる。

Section2 Page1 Diagram10

爪の周りの内出血

爪のつけ根(あまかわ)に、内出血がいくつもみられる。

Section2 Page1 Diagram11

胸やけ

胸やけがしたり、食べ物が胸につかえる。食べたものが食道に逆流する感じがする。

「全身性強皮症セルフチェック」をしてみましょう。

これらの症状が気になったら、「全身性強皮症セルフチェック」をしてみましょう。セルフチェックの結果、全身性強皮症の可能性がある場合は、専門医の診療を受けましょう。
全身性強皮症の症状は、患者さんごとにさまざまです。そのため、セルフチェックにあてはまるからといって、必ず全身性強皮症と診断されるわけではありません。また、セルフチェックの結果があてはまらなかった場合でも、全身性強皮症の可能性はあります。最終的には、医師による診察や検査によって判断されます。また、ほかの膠原病の可能性も考えられますので、気になる症状などがあれば医療機関に相談するとよいでしょう。

全身性強皮症セルフチェック
なるべく早く専門医を受診しましょう
説明

病気が進んでしまう前に、専門医を受診することが大切です。

全身性強皮症の進み方は、患者さんごとにさまざまです。はじめて症状があらわれてから数年の間に、皮膚や臓器が急速に硬くなる場合もあります。
また、肺や消化管などが硬くなると、もとの組織が壊れてしまうため、正常な機能を回復させることは難しくなってしまいます。そのため、病気が進んで、組織が大きく壊れてしまう前に治療をはじめることで、病気をコントロールしやすくなります。
これらの理由から、症状が気になったら、なるべく早く専門医を受診することが大切です。

相談できる病院を探す

PC Block

作成年月:2020年02月